doors yamazoe

2021/11/09 18:31

阿波藍の産地として知られる徳島県の天然藍を使った、
藍染体験ができるワークショップをdoors yamazoeにて開催いたします。
藍の栽培、染料となる蒅(すくも)造り、染色、製作を一貫して行っている、
IndigoClassicの小田大空さんを講師に招き、本格的な藍染を体験していただけます。




◆講師◆
「IndigoClassic/小田大空 氏(藍師・染師)」
奈良県出身。
Watanabe’sの渡邉氏に師事し、藍染めの本場である徳島県で藍染の文化・伝統を継承。
藍染の染料の元となる蒅(すくも)の生産から製品製作まで、
全てを一貫し行っている「Indigo Classic(インディゴクラシック)」。



◆ワークショップ概要◆
天然灰汁発酵建て(てんねんあくはっこうだて)という江戸時代からの手法の染料液で染めいただきます。
染料液温度は20度前後です。
【日程】2021年12月17日(金)・18日(土)
【予約受付終了日】2021年12月16日(木)まで
【ワークショップ時間】両日とも①10時半~12時 ②13時~14時半 ③15時半~17時
※開始時間10分前までにお越しください。予定開始時刻を過ぎますとキャンセル扱いとさせていただきます。
【会場】doors yamazoe
【定員】各回先着 7名
【持ち物】特にありません、ゴム手袋はこちらでご用意いたします
【服装】汚れても大丈夫な服装や靴など
【参加費】ハンカチ染めコース 5,500円(税込)
     手ぬぐい染めコース 6,500円(税込)
     Tシャツ染めコース 15,000円(税込)
【予約方法】doors yamazoeインスタグラムDMより「希望日程」「希望時間」「参加コース(Tシャツの場合は希望サイズも)」を明記の上、送付ください。受付完了時にあらためてご返信させていただきます。
【支払方法】当日カウンターにて現金でお支払いください。

◆各コース詳細◆
模様の種類は「無地染め」「タイダイ」「絞り」「バイカラー」など、当日ご希望の染め方をお伺いいたします。
【ハンカチ染めコース】
50cm×50cmのハンカチを藍染していただきます。
【手拭い染めコース】
34cm×130cmの手拭いを藍染していただきます。
【Tシャツ染めコース】
doors yamazoeでも販売しておりますオリジナルボディーを使用したIndigo ClassicTシャツ(染色前)を染色していただきます。
サイズは「S」「M」「L」「XL」からお選びください(サイズ詳細は当店オンラインストアIndigoClassic商品参照)。
ご予約時にご希望サイズをお伝えください(当日現地でもサイズ変更可能です)。

【藍染体験の流れ】
1.藍の説明
2.染めたい生地をどんな柄にしたいかをデザイン
3.生地をお湯に浸け、水気を絞る
4.生地を藍染液に浸ける
5.浸けた生地を軽く絞り、広げて酸化させる
6.より濃く染めたい場合は、3~4の工程を3回ほど繰り返す
7.染色が終わったら、水を変えながら数回よくすすぐ
8.完成 体験後すぐお持ち帰り頂けます

天然の藍色は使い込むほどにその色が持つ魅力を発揮します。
藍の染料で染められた生地は、強く丈夫になるという特徴を持ち、
経年変化での色褪せや日常での汚れは、染め直しにより新たな藍色になります。
色褪せたら汚れたら、また染め直して、愛着のある1枚を育てるという行為を楽しんでください。